Life 99

内省が多い

2014-01-01から1年間の記事一覧

懐かしい人

まだまだ年月が浅いが、6年も野球ファンをやっていると、推しメン、つまり「特別に好きな選手」がNPBの舞台からいなくなってしまうことがある。 そこそこの実績がある選手なら、球団にコーチやスタッフとして、または解説者として球界に残ることもあるが、そ…

伊豆山神社

1月、湯河原に泊まりででかける用事があった。 1泊した翌日、特に予定もなかったので近辺を観光していこうという話になり、隣接する熱海方面へ。 湯河原は神奈川県の最西端に位置していて、川を挟んで対岸が静岡県だ。 宿泊先の温泉宿は川を見下ろせる位置に…

グリフィス

最近、ケーブルテレビで夜中にベルセルクをやっているので見ている。 ベルセルクの存在はしっていたが、単行本を読んだりアニメを見たことはなかった。 鷹の団のボスであるグリフィスが、かつて駆け出しであった頃、戦力費用を欲してチューダー帝国の権力者…

3/11

いま日本で、とても多くの人が「あの時自分はこうだった」と思い返されることが多い意味深い日だろう。 あの3/11から、3年がたった。 せっかくこうしてテキストを書く場を設けているのだから、私の2011/3/11を記録しておこうと思う。 当時私はまだ渋谷に勤め…

迷走神経反射

ときどき貧血を起こす。 一番ありがちなのは、電車の中で。 気持ち悪くなって意識が途切れて、最悪床に寝っ転がってたことが何度か。 電車以外では、だいたいTVやリアルでグロいシーンや場面を観た時だ。 ただ、このグロ起因の貧血はどういうメカニズムなん…

RUSH プライドと友情

先日、地元のシネコンのレイトショーで「RUSH プライドと友情」を観た。 昼間はハマスタでオープン戦を見てからのダブルヘッダーというなかなかの疲労度であったが、プレミアスクリーンで上映されており、座り心地のよい大きなソファは快適なデート環境であ…

本多雄一 2014/3/9

横浜スタジアムのオープン戦にて。 本日猛打賞のぽんちゃん。 試合前、報道通り秋山監督に指導を受けてた。 三連荘でハマスタにオープン戦観に行ったらさすがに疲労困憊で動けない。 初日はそのまま渋谷で打ち合わせからの飲み。 2日目は帰ってきてから配偶…

渡辺直人 2014/3/8

横浜スタジアムのオープン戦にて。 昔の男、もとい、昔の推しメンはやっぱりかわいかった。 鳥かごに入る前に、スクリーンで新しい熱き星たちよのPV?というかレコーディング映像が流れていたのを、興味津々で眺めていたのがキュンとした。 ヒット1本でも出…

江川智晃 2014/3/7

横浜スタジアムのオープン戦にて。 守備練習中、後ずさって足がもつれてズッコケて笑っててかわいかった。 一打席だけだけどホームラン、よかった。 ちゃんとアピールできる選手。

七間町の映画館

15年ほど昔、高校生のころの思い出。 いまでこそ映画館に出向いてまで映画を見ることが滅多になくなってしまったけど、高校生のころは、よく静岡の映画館に映画を観に行っていた。 映画が特別好きなわけではなかったけど、特別な楽しみだった。 高校は、地元…

テクス・メクス料理

2014年の2月、沖縄でのプロ野球春季キャンプ見学滞在で、北谷に数泊滞在した。 宿は北谷公園から南に10分程歩いたハンビータウンと呼ばれているエリアにあった。 ハンビータウンは、北谷の南にあるアラハビーチとその周辺で、元々この付近は米軍の「ハンビー…

伊豆の踊子の宿「福田屋」(4)

(3)のつづき 2014年を伊豆の由緒ある温泉宿で迎えたのは非現実感はとてもプレミアム感があったが、いくつか難点もあった。 まず、宿(本館)が明治の建物のため、隙間風がすごかった。 また風も強かったため、建て付けが甘い窓がガタガタと一晩中鳴ってい…

節分

節分、現代では2月3日に慣例化している厄除け行事だ。 私はここ3年、プロ野球の春季キャンプを追っかけに2月の1日か2日には沖縄に飛んでしまうので、この節分行事をしばらく行っていない。 それは今年も例外なく、2月3日は宜野座村に滞在していた。 宜野座村…

熱海秘宝館

熱海秘宝館。 これまで何度「絶対行ったほうがいいよ!」と言われただろうか。 それが日本有数の観光名所だから死ぬまでに見ておけ、という意味合いではなく、極めてキワモノでネタ的な「見たほうがいい」のは察することができていた。 ただ何も考えずに笑い…

KAKUNO

PILOTのKAKUNOという万年筆がある。 近年のリーズナブルな入門万年筆の中でも、私的大ヒットアイテムだ。 去年の暮れ、文具屋さんの万年筆コーナーで見かけて試し書きをしてたところ、書き心地がとてもよく、また1000円(税抜)というお手軽さもあって好きな…

伊豆の踊子の宿「福田屋」(3)

(2)のつづき イノシシ鍋でお腹をパンパンにして部屋に戻ると、部屋にはお布団が5人分敷かれていた。 毎年、我が家の大晦日は単に年越しだけではなく、もう一つ大切なイベントがある。 大晦日は、母上の生誕祭なのだ。 私が東京に出たのが2003年。 私が言い…

念書

「念書」なんて単語を、職業上日常生活の8割がたは接しているWEBで見かけたのは初めてだったと思う。 念書 後日のための証拠として念のために書き写しておくという文書のことである。念書には一方の当事者だけが単独で他方の当事者に対して差し入れるという…

くいしんぼ

確定申告のために某社に源泉徴収票を受け取りに行き、その足で郵便局で必要書類を会計事務所に送ったのは昼過ぎだった。 渋谷に向かう前に、小田急百貨店の地下のテオブロマでチョコレート代わりのマカロンアソートを購入した。 沖縄から帰京した翌々日、仕…

LEON

「当たり役」というものがある。 "ある俳優が特に評判を取った役"のことだが、やはり名作、傑作には後に「当たり役」ともてはやされる俳優/女優がピンズドでキャスティングされているものだ。 先日、トイレから戻ってきたら「LEON」がBSでやっていたのでそ…

SPAM

オープン戦が開幕した。 厳密には、2月15日の日曜日に石垣島でのロッテ対オリックスのオープン戦が皮切りとなっていたから、数日前にとっくに始まっていたけど。 とにかく、贔屓チームのオープン戦が22日の土曜日にセルラースタジアムで行われ、この週末に私…

伊豆の踊子の宿「福田屋」(2)

(1)のつづき 夕食は量が多くてこの部屋のテーブルには運びきれないからと、「福田屋」さんの新館にある広い別室を用意された。 新館は本館(母屋)とつなげて増築した形の別館になっていて、露店風呂と数部屋の客室がある。 夕食に用意された部屋はおそら…

スイートリトルライズ

大森南朋が観たくて見た。 原作は江國香織。 足が地面から10cmは離れてそうなほどふわふわしたリアリティのない世界で、およそどこで巡り会えるのかわからないような主人公を中谷美紀が演じていた。 彼女はテディベア作家。IT会社勤務の夫を持ち、世の中の女…

スクランブルエッグ

スクランブルエッグが好きだ。 料理はしないから作って食べたりしないけど好きだ。 旅先の朝はスクランブルエッグを食べないとだめだ。 スクランブルエッグがあるか調べて、ないなら回避するほどの執着はしてないまでも好きだ。 そこまでしなくても、だいた…

伊豆の踊子の宿「福田屋」(1)

2013年からの大晦日〜2014年の元日にかけて、伊豆の河津にある「福田屋」さんという旅館に宿泊した。 我が家はちょっと独特で、年末年始は夫婦別々に過ごす。 結婚してこのかた、私は毎年実家に帰り、旦那は大晦日だけ実家に顔を出すスタイルだ。 (年が明け…

普天満宮

普天満宮(ふてんまぐう)は、沖縄県宜野湾市普天間にある神社だ。 沖縄は元来日本ではないため、本土に比べるといわゆる寺社仏閣が少ない。 この普天満宮は宜野湾市で唯一の神社で、琉球八社の一つとして数えられている。

ポーク卵

沖縄の家庭料理に、ポーク卵というおかずがある。 (ポーク卵、ポークたまごなど記載はいろいろ) 沖縄の第二次世界大戦後の占領時代、米軍によって持ち込まれたチュウリップ社の缶入りポークランチョンミート(略称「ポーク」)が一般家庭の食材として定着…

空港泊

沖縄へのプロ野球春季キャンプ見学旅行の帰りのこと。 その日は2/14(金)、奇しくも、関東を始めとする日本列島の広域は45年ぶりと言われる大雪に見舞われ、羽田への飛行機も欠航が危ぶまれていた。 朝からANAのサイトを幾度となく確認するも、欠航報はなか…

北谷

北谷(ちゃたん)町。 沖縄県の中北部に位置する、人口約2万7000人の町だ。 2014年2月、プロ野球の中日ドラゴンズ春季キャンプを見学の際、数日ここに滞在した。 北谷町はその半分以上を、キャンプ瑞慶覧(キャンプ・フォスター)、キャンプ桑江(キャンプ・…